facebooktwitteryoutube
in 審査について - 29 9月, 2017
by suto - no comments
キャッシング審査における在籍確認を上手くクリアするには

キャッシングの審査において、申し込んだ本人の身分を確認する、いわゆる本人確認は消費者金融側が信用を得る為にも必要な段取りとなっています。それゆえ本人確認の為に提出した各種の書類に関しては虚偽があってはなりません。

また本人の収入状況を証明する書類、例えば会社勤めであれば前年度の源泉徴収票の提出が求められるケースが一般的なのですが、それに加え、書類に記載されている会社に本人が勤めているかを確認する為に、匿名で在籍確認の電話をその会社に掛けるのが一般的となっています。

とは言ってもあまり突っ込んだ確認の内容とはならず、本人がその会社に在籍しているかどうかのみの問い合わせとなるケースが多いのですが、銀行系のカードローンの場合は銀行名を名乗るパターンもあり、第三者にキャッシングの事を悟られる可能性がゼロ、と必ずしも言えないのが現状です。

どうしても在籍確認の電話が嫌であれば、在籍を証明する他の方法を提案してもら得る可能性もありますから、積極的に相談してみる事。またどうしても無理なら電話の担当者を会社に怪しまれない条件の人にやってもらう等、幾つかの対策は取れます。