facebooktwitteryoutube
in 体験談 - 10 9月, 2017
by suto - no comments
確実返済キャッシング計画で女房への負担回避

私は婚約中に、自社のメインの取引会社からゴルフコンペの誘いがあり、ゴルフ初心者の私は、ゴルフ用具を持っていませんでした。

ですが、どうしても断れないクライアントだった為、急遽購入する事にしましたが、給与は殆ど新婚旅行や新居の費用にあてられていたので、婚約者には内緒でキャッシングを利用してゴルフ容認を購入する事にしました。

キャッシングをするのは初めてでしたので、ゴルフに掛かるもろもろの費用を概算で計算し、ネットでキャッシング会社の利用金額に応じた返済シュミレーションをして返却の目途が立つ事を確認して登録し、翌日にはキャッシング出来ました。

返済金額も毎月1万未満でしたので、結婚した後の返済も小遣いの中でやりくり出来ましたし、期間も1年チョットで完済出来ました。

それ以降も、部下との付合いの飲み会等でチョクチョク利用させて貰っていますが、毎月の返済が楽なので重宝させて貰っています。

社会人になると、急な出費は必ず発生しますが、キャッシングする場合、無理な返済で滞る事が無い様に、必要な金額のみを返済計画を立ててキャッシングする事が大切だと思います。

これからキャッシングを利用する方は、くれぐれも気を付けてください。