facebooktwitteryoutube
in キャッシング - 15 2月, 2019
by suto - no comments
総量規制対象外で利用できるキャッシングはあるのか?

総量規制対象とはキャッシングやローンを利用者年収の3分の1を超えて貸付を行ってはいけないという決まりのことです。

消費者金融のキャッシングは総量規制対象となってしまうため年収の3分の1以上借り入れることが出来ません。

しかし、キャッシングをしている人の中には借金を返済するために大きい金額を借りたいと考えている方もいます。

自分の年収が100万円だとするとその3分の1にあたる30万円を超えた新規のキャッシングは出来ないので、年収100万円の方が30万円以上を借りようとしても総量規制対象となり審査に落ちてしまいます。

ですが、借金を返したいと考えている方は大きな金額を一気に借りたいと考えます。

そこで、年収の3分の1を超える金額を新規にキャッシングで借入するのは難しい場合に総量規制対象外で利用できる銀行の「おまとめローン」をおススメします。

年収の3分の1を超える金額を新たに新規借入は出来ませんが、カードローンやキャッシングを1本化するおまとめローンなら総量規制対象外で利用でき、返済能力が十分だと判断されればオーバー融資を受けられる可能性もあります。

おまとめローンは銀行だけでなく消費者金融でも行っており、総量規制対象外で利用できます。

消費者金融だと早い場合は当日で審査結果を出してくれるところもあるので、急ぎでおまとめローンを利用したいと考えている方におススメです。

返済は基本7年が目安となっていますが、最長で10年から12年プランに変更できるので自分に合った返済計画を立てやすいのも良い点です。

現在借りているキャッシング業者よりも金利が安い業者でおまとめローンを組めば返済を楽にできるので、借金の返済に悩んでいる方は新規のキャッシングを申し込むよりも総量規制対象外で利用できるおまとめローンを検討するのが良いです。

おまとめローン以外の方法として、キャッシング枠を0円にして申し込んだり、銀行カードローンを申し込むのも有りです。

銀行カードローンは総量規制の対象外になるのでキャッシング枠をつけてもカード発行でできます。

ただし、銀行カードローンも総量規制に対して厳しくなっている傾向があるので注意が必要です。