facebooktwitteryoutube
in キャッシング - 05 2月, 2019
by suto - no comments
アルバイトがキャッシングに申し込む際に気をつけること

大手消費者金融のキャッシング商品は安定した収入があればアルバイト等の雇用形態の人でも契約可能とされています。しかしアルバイトがキャッシングに申し込むをする場合には幾つかの注意ポイントがあります。どのような点に気をつける必要があるのでしょうか。

特に気をつけなければならないのが勤続期間です。現在のアルバイト先での勤続期間が半年にも満たない場合、金融機関は「安定した収入がある」とみなしてくれないため、契約は非常に難しいのです。

同様の理由で、短期のアルバイトを転々としている人も契約は困難です。たとえ毎月一定以上の収入があっても短期のアルバイトしかしていない場合には安定・継続的な収入があると捉えてもらえないため、キャッシング契約をする場合には長期のアルバイトに就くことが重要です。